村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」

ようやく読み終わりました(;´Д`A ```

画像


3部昨なので、かなり時間がかかりましたが

それだけ読み応えのある内容で面白かった!

僕は、基本的には通勤時間や移動時間、

待ち時間にしか本は読まず、それ以外で

本を読もうと考え時間をとることはありません。

移動時間を利用して本を読みますので

だいたい時間は20~40分くらいですが

村上春樹の本は、読み始めた瞬間から

それまで読んできた内容がとても鮮明に

頭の中に呼び戻され、それと同時に僕は

村上春樹の創り出した世界に没頭します。

今回の作品では、いくつかのシーンや

物語が入り組んだ形で書かれていますが

なぜでしょう、その入り組んだ書き方に

読みづらさをまったく感じませんでした。

相変わらず?分からないまま終わって

しまった部分もあり、気になるところでは

ありますが、それも村上春樹の作品で

あると理解すれば良いかなと考えています。

(例えば、クミコと笠原メイは精神上、同一

人物だったのか?とか、間宮中尉の話は

綿谷ノボルと関係があったのか?とか)

次も村上春樹の作品です、今から楽しみ






ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)
新潮社
村上 春樹


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)
新潮社
村上 春樹


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック